中央防災会議が「東海・東南海・南海地震想定見直し」 

   平成15年に公表した震源域は、静岡県沖から高知県の足摺岬沖までの
   約600Kmの周辺域としたいたが、九州の日向灘沖までの150Km程度を延長
   する方針。 
    東大地震研究所 古村孝志教授らの文部科科学省のチームが今春調査した
   ところ震源域は西に広がる可能性があることが分かった。 
   この場合、15年公表した被害想定に比べ、特に四国・九州で津波の大きさが 
   1.5~2.0倍の5~10M超になるとみられる。